面接対策

【採用担当が解説】転職面接で他社の選考状況を聞かれた場合の答え方

2020年5月20日

 

悩んでいる人
転職の面接で他社の選考状況を聞かれた場合、どのように答えればよいのか、教えてほしい。。
あと、回答する際のNG例も教えてほしい。。

 

こんなお悩みを解決します。
Hiro

 

 本記事の内容

  • 転職面接で他社の選考状況を聞かれた場合の答え方
  • 他社選考について、答え方を間違えてはいけないひっかけ質問

 

この記事を読んでいただきますと、中途採用の面接で、他社の選考状況について質問されたとき、どのように答えるのがよいのかが理解できるようになります。

 

また、他社の選考状況についての質問には、答え方を間違えると面接そのものを台無しにしてしまうリスクが潜んだものがあります。

 

こういった注意点についても、理解することができます。

 

 本記事の信頼性

  • この記事を書いている私は、大企業子会社での採用担当歴5年ほど。
  • 実際に面接を担当し、多くの方の他社選考状況の説明、失敗例を見てきています。
  • 自分自身も技術者として2回の転職を経験しているため、転職しようとしている人の気持ちがよくわかります。

 

さて、前置きはこれくらいにして、転職の面接で他社の選考状況を聞かれた場合の答え方について解説しています。

 

転職面接で他社の選考状況を聞かれた場合の答え方

 

そもそもなぜ、企業側は他社の選考状況について質問するのか?

 

そもそも転職の面接ではなぜ、他社の選考状況を聞かれるのでしょうか?

 

まずはこれについて、応募先企業の面接官の立場で解説いたします。

 

面接官が他社の選考状況について質問する背景には、以下の意図があります。

 

  • ほしい人材であれば、他社の選考状況を見て、早めに内定を出す、承諾期限をいつにするかなどを検討したい
  • 競合他社の状況によっては、提示する給与・処遇をどれくらいにしなければならないか、あたり付けしたい

 

ポイントとしては、もしあなたが応募先企業側にとって、ほしい人材であったとしたら、他社に取られないよう、内定を出すタイミング、内定承諾の期限、給与の設定など、準備のための情報がほしい、ということです。

 

第一志望はどの会社か?と聞かれたら?

 

もしあなたが今、面接を受けている会社が第一志望の会社であれば、「御社が第一志望です!」とはっきり答えましょう。

 

ひと昔前は、たとえ今、面接を受けている企業が第一志望でなくとも、面接の場では、「御社が第一志望です。」と答えるのが当たり前でしたが、中途採用の面接では、このやり方は、個人的にはあまりおすすめしません。

 

理由は、第一志望でない企業に対し、「第一志望です!」と言ってしまうと、その次に面接官から出てくる質問である、「当社が第一志望である理由を教えてください。」という質問に、歯切れよく答えた人があまりに少ないからです。

 

私は面接でこのような場面に何度も遭遇しましたが、人間の感覚ってなかなかすごいもので、どこか嘘をついた受け答えってわかってしまうのですよね。

 

もちろん、本心から第一志望です!と答えた人は、その会社が第一志望である理由についても、スラスラと答えることができます。

 

それでは、本心では第一志望と言い切れない企業の面接で、「当社は何番目ですか?」と聞かれた際は、どのように答えるのがよいのでしょうか?

 

例えば、

 

「各社、それぞれ良いところがあり、正直迷ってます。私の思い描くキャリアプランに一番近い仕事ができるのは御社ではないかと思っています。」

 

といった具合です。

 

このように答えると、どの会社が第一志望かどうかについて、面接官はそれ以上、突っ込んできません。

当然、上記のように答えると、「あなたの思い描くキャリアプランとは、どのようなものですか?」という質問が確実に来ますので、その答えはしっかり用意しておかなければなりません。

 

併願先企業の社名は言わない方が無難

 

「差支えなければ、当社の他にどこの会社を受けているか、教えていただけませんか?」

 

他社の選考状況についての確認では、このような質問もかなりの確率で出てきます。

 

この場合、面接の場の雰囲気にもよりますが、具体的な会社名は、言わない方が無難です。

 

その理由は、応募の秘密を守るのは企業側の義務ですが、巡り巡って、あなたが転職活動を行っていることが、現在所属している会社にバレてしまう可能性もゼロではないからです。

 

人事部の採用担当の面接官は、応募の秘密など、個人情報の保護について、かなり敏感です。

 

しかし、人事部ではない、受入れ現場のトップなどの面接官は、業界団体の酒の席で、うっかり口を滑られせてしまった、ということもありえます。

 

このようなことは今となっては本当にレアなケースですが、併願企業の具体的な社名を伝えることは控えるようにしましょう。

 

ちなみに、併願先の企業名を言わなかった場合でも、面接における評価が落ちることはないので、この点はご安心ください。

 

面接官も無理を承知の質問だということを理解しているケースがほとんどです。

 

面接官、特に、人事部の面接官が併願先の具体的な会社名を知りたい理由は、もし、併願先と自社が競合になった場合、どれくらいの確率で、当社に来てくれそうか、給与・処遇はどれくらいに設定しないといけないか、など、あなたを採用するための準備をしたいからです。

 

他社選考について、答え方を間違えてはいけないひっかけ質問

 

さて、ここでは答え方を間違えると、せっかくうまく行っていた面接そのものを台無しにしてしまう質問についての対処法を解説いたします。

 

既に選考に落ちた会社については絶対に触れない

 

他社の選考状況について質問したところ、ご丁寧に選考に不合格になったケースも説明してくれる方が少なからずいらっしゃいます。

 

選考に落ちたところまで説明してしまうと、当然、面接官は、「他社で不合格になった人は採用したくないな、、」という心理になります。

 

こうなってしまうと、それまでいい雰囲気で進んでいた面接の空気も変わってしまいます。

 

正直なのは結構ですが、ここはもっと、うまくやってほしいな、、と私も何度歯がゆい思いをしたことか、、ですね。

 

他社選考の状況説明は、必ず今現在、進んでいるケースのみか、すでに合格となり内定をもらっているケースのみ、説明しましょう。

 

未経験職種への応募時に特に注意すること

 

面接官
他にはどんな会社を受けてますか?社名が言えないようでしたら、どんな職種を受けてるかを教えてください。

 

この質問、ひっかけです。答え方には細心の注意を払いましょう。
Hiro

 

この部分は、ある意味、この記事で一番伝えたいことになります。

 

特に、未経験の職種に転職をしようとしている人は注意ください。

 

他社の選考状況に関する質問の意図は、多くの場合、競合他社に対する備えをどのようにやらなければならないか、確認するためです。

 

しかし、未経験者の面接では、応募している職種への熱意を測る意図で質問される場合があります。

 

例えば、現職はスマホアプリのプログラミングを担当しているAさん。

 

Aさんはどうしても、Webデザイナーの仕事がしたくて転職活動を始めました。

 

そして、Webデザインが得意なB社の面接を受けに行きました。

 

その面接の場で、この質問が出てきました。

 

面接官
他にはどんな会社を受けてますか?社名が言えないようでしたら、どんな職種を受けてるかを教えてください。

 

現在、3社を併願しておりまして、1社はこれまでやってきたアプリのプログラミングへの応募で、1社はWebマーケティングの会社、もう1社はSIerです。
転職したい人

 

この回答、あなたならどう思いますか?

 

結論を言いますと、このような回答をしてしまった段階で、この方の面接は、その時点で不合格が決定いたします。

 

一大決心をして、未経験のWebデザインの仕事へ挑戦してきたと思いきや、この回答内容では、Webデザインという仕事に対する熱意と覚悟を疑わざるをえません。

 

嘘も方便という言葉がありますが、この場合、AさんがB社にどうしても入社したいのであれば、「現在、3社を併願していますが、いずれもWebデザインの会社です。」と答えるべきです。

 

ただ、Aさんのように3社の併願先がいずれも異なる仕事という状況ですと、結局この方は何がやりたいのかが、自分自身でわかっていないこととなり、運よくB社に入ることができたとしても、その後、うまくやっていけるかどうかは疑問です。

 

このように、他社の選考状況についての質問は、答え方を間違えると、それまでいい雰囲気で進んでいた面接を台無しにしてしまう可能性がありますので、回答する際には細心の注意を払いましょう。

 

なによりも、未経験職種への挑戦は、あなたが本心から熱意を持って取り組める仕事でなければ、転職後の成功も難しくなることを、しっかり理解いただきたいと思います。

 

面接対策には転職エージェントを活用するのが早道

 

今回取り上げた、他社の選考状況についての質問に限らず、面接での質問対策は、第三者の意見を聞きながら進めていくのがベターです。

 

自分一人で面接で想定される質問対策をあれこれ考えていても、作成した回答が的を得ているのかが、判断できないためです。

 

第三者として、最もふさわしいのは、転職エージェントのキャリアアドバイザーです。

 

キャリアアドバイザーを活用するメリットは、何よりもあなたの希望、ご経歴などの情報を考慮し、プロとして客観的に、志望動機や転職理由など、面接で必ず来る質問の答え方を指導してくれます。

 

転職エージェントは、ほぼすべての会社が無料で利用できますので、活用しない手はありません。

 

キャリアアドバイザーとの面談は、以前ですと転職エージェントがある場所まで出向くか、電話でのやり取りしかありませんでしたが、新型コロナウイルス感染対策が進んでからは、ZoomなどのWeb会議で、面談を行うところも出てきましたので、ある意味、以前よりお手軽に利用できるようになりました。

 

もしまだ、転職エージェントへの登録をやっていない方がいらっしゃいましたら、以下の記事を参考にしてください。

 

関連記事
転職エージェント おすすめの選び方【人事担当が特徴を解説します】

転職エージェントのおすすめの選び方を知りたいですか?この記事では膨大な数の転職エージェントからどのエージェントを選べばよいのかを、大企業やその系列子会社への転職を目指す人に向けて企業の人事担当が解説します。転職エージェント選びに迷っている方は必見です。

 

また、キャリアアドバイザーの活用方法については、以下の記事に詳しく記載しています。

 

関連記事
転職エージェントおすすめ活用法 キャリアアドバイザーのフル活用

転職エージェントのキャリアアドバイザーは、うまく活用するとすごい効果があることをご存じですか?この記事では、企業の人事担当者が転職エージェントのキャリアアドバイザーのフル活用について解説いたします。第1志望企業への転職を成功させたい方は必見です。

 

まとめ:転職面接で他社の選考状況を聞かれた場合の答え方

 

今回の記事では、面接で必ず聞かれる、他社の選考状況に関する答え方と注意点について、解説いたしました。

以下、本日のまとめになります。

 

  • 第一志望はどの会社か?と聞かれた場合、今、面接を受けている会社が第一志望と言い切れない場合は、嘘はつかず、明言を避ける方がベター。
  • 併願先企業の具体的な社名は言わない方が無難です。
  • 他社の選考状況について聞かれた場合、すでに選考に落ちた会社については、絶対に触れないようにしましょう。
  • 「社名が言えないのでしたら、どんな職種を受けているかを教えてください。」という質問は要注意。これは未経験の職種に応募している人に、応募職種に対する熱意を試す意図で、投げかけられる場合があります。
  • 上記の場合、受けている職種が、今回の応募職種と異なる場合、熱意が低いと解釈され、面接に合格することは難しくなります。
  • 面接の質問対策を効率よく確実に進めるために、転職エージェントのキャリアアドバイザーを積極活用しましょう。

 

本日は以上です!

-面接対策
-,

Copyright© Hiro27のブログ , 2020 All Rights Reserved.